今日は気になる税金について。
住宅ローンで税金還付が受けられるんです。

住宅ローンとは「本人とその家族」が住む為の住宅及び土地を購入、ローンの借り入れなどを行う為に金融機関から受ける融資の事である。住宅ローンを提供をしている企業は多くローンの種類も様々ある。

住宅ローンの借り入れには窓口及電話での相談が出来る。ローンには落とし穴と落とし穴回避するポイントがあり、落とし穴として金利が低いところに目がいきがちだがそれだけではいけない。保険料は必要なのか、必要なら先払いなのか金利に上乗せするのかという事。

住宅ローンを借りるために融資してくれる銀行などに支払う手数料はいくらなのか、また手数料支払い方法に複数ある場合どれがベストなのかなど、注意しなければならない点がいくつもある為住宅ローンを借り入れする時には簡単に決めずに良く家族と相談しながら決めていくのが望ましい。

居穴住宅とは地面に巨大な穴を掘り、側面にいくつもの穴が掘られてあり、そこに居住すること。住宅ローンの税金還付は控除額の計算で求める事が出来る。

住宅ローンの支払いと税金未納の関係について

戸建住宅やマンションなどを購入する際には、金融機関から住宅ローンとして資金を借り入れることが一般的である。住宅ローンは毎月数万円単位でかかってくるので、家計を圧迫し、自由に使えるお金が減ってしまうことがある。
住宅ローンの支払いを数ヶ月も滞ると、金融機関に差し押さえられ、競売されてしまうことになる。そのため、住宅ローンの支払いは最優先され、本来義務として支払うべき税金未納というケースが出てくることがある。税金未払であっても、税務署や市町村に差し押さえられることはあれ、金融機関のような競売(公売)にかけられることはほぼないといって良い。なぜなら、住宅取得後に生じた税金よりも、金融機関への売却金の配当が優先され、公売するメリットが通常ありえないからである。
ところで、住宅ローンを支払っている方には、住宅ローン特別控除という制度がある。住宅ローン残高などに応じて、税金が一部免除されるものである。会社員や公務員は、年末調整で計算され、その年に納めた税金戻りということになる。この制度は、税金中古住宅にも適用される。

住宅ローンの金利のパターンについて

住宅ローンの金利のパターンは金融機関によって、また商品によって色々あります。
いくつかありますが、まずは全期間固定型金利の住宅ローン。住宅ローンを35年組むとしたら35年間最初に決めた金利を適用します。フラット35はこれにあたります。
次に変動金利型住宅ローン。これば市場金利に連動して半年ごとに金利を見直していくものです。
また、当初固定金利住宅ローン。最初の3年とか5年とか10年とかの期間は固定の金利を適用し、その固定期間が終われば変動金利となります。最初の固定期間は有利な金利である為、当初期間引下住宅ローンとか当初優遇住宅ローンなどと呼ばれる場合もあります。
そして大抵の銀行の住宅ローンでは団体信用生命保険、通称団信に強制加入を決めています。団信とは住宅ローンの債務者が万が一亡くなったり重度障害を負ってしまったときに住宅ローンの残り債務を免責する生命保険です。団信に加入することで、万が一の死亡があったときにも金融機関はローンを払って貰えないというリスクを回避出来るし、債務者側はローンを免除されるので一家の大黒柱を亡くしたときに少しで経済的に助かることになり、双方にメリットがあります。

 

住宅ローンについてもっと詳しく知りたいと思ったら東北ろうきん住宅ローンの係りに聞きに行くのもいいと思います。